毎日萩ライフ

2017/4/5山口県萩市に移住。毎日萩ライフを綴ります。

鶴江の渡しを渡ってきた話

友達が来て観光するのにまだやったことないこと…と考えて真っ先に出てきたのが鶴江観光でした。
鶴江と浜崎の間には、川があるのに橋はかかっておらず、そのせいで徒歩だと20〜30分くらいかかってしまう、というエリアです。

鶴江と浜崎の間には渡し船があり、無料とは聞いていたのですが、本当に乗れるのか?とおっかなびっくりしながら船着場に行ってみると…


川の向こう側に係の方がいらっしゃいました。

大きく手を振って呼んでみます。

風がとても強い日で、船が若干流されていたので大丈夫だろうか…と心配になりましたが、こちらまできてくださいました。

乗せていただきました。


鶴江に降り立ち、まずは街並みを堪能します。
渋い。素晴らしい。


神社も立派でした。(全体写真撮るの忘れた)
なんでも、住吉神社が現在の浜崎に移る前は、鶴江にあったとか。

毛利の家紋も見て取れます。



道すがら出会ったおばあちゃんに何しているかを聞かれ
「観光です」と応えると、
「そうか、この辺はいいところだからよく見て行くといいよ」と仰られました。

変に気取ったり、謙遜したりするでもなく、「いいところだから」と仰っていたのがとても清々しくて美しささえ感じて印象的でした。


元々住吉神社があったということは、商売の起点が鶴江にあった、ということでしょうか。
まだまだ謎はあります。
また来たいです。