毎日萩ライフ

2017/4/5山口県萩市に移住。毎日萩ライフを綴ります。

萩夏祭りの「お上がり」がとても良かった話

8/1に花火大会、8/2,3と夏祭りが行われた萩。
もちろん花火にも感動しましたが、1番心をグッと捕まれ、持って行かれたのが3日の深夜24:00から25:00にかけて行われた「お上がり」と呼ばれる儀式。


御輿を担いだ男の人たちが浜崎にある住吉神社に突進し、それを別の男の人たちが正したり押し返したりする儀式です。最初は意味がわからず、一体これはなんなんだ!?と思いましたが、見ているうちになんだか心が熱くなり、高揚して、じわじわと感動が広がりました。

なんといったらいいか…
生命のほとばしりを感じ、生きるエネルギーが湧いてくる感じ、でしょうか。




後から意味を伺ったところ、
神様に向かって御輿を拝殿する上で、少しでも斜めだったり、曲がったりしてはならないため受け手の人たちが「まだ曲がってる」「そんなことでは拝殿できない」というように厳しい目で見ては、押し返すのだ、
というようなことでした。(うろ覚えなので間違っていたらどなたか指摘してくださいm(__)m)


昔は夜中の3時とか4時とかまでかかっていたそうです。
年によってかかる時間も違うのだとか。

萩にいて見ていない人は勿体無いです。
後世にまで是非残していきたいイベントだと強く思いました。